1. インターネットFAX比較TOP
  2. Toones(ツーネス)
  3. ≫Toones(ツーネス)秒速FAXの評判と評価は?その特徴は?

Toones(ツーネス)秒速FAXの評判と評価は?その特徴は?

Toones(ツーネス)秒速FAXの評判と評価Toones(ツーネス)は起業・独立支援事業を手掛ける株式会社Karig運営のインターネットFAXです。Toonesとは実は個人事業主や中小企業向けにレンタルオフィスなどの支援事業を展開する総合ブランド名であり、その中のインターネットFAXのサービス名は「秒速FAX」です。

秒速FAXは他社のサービスに比べると、ユニークな仕組みになっています。まず、送信だけに機能を絞り込んだ「秒速FAX送信」と受信をプラスした「秒速FAX PLUS」の2種類のプランがあります。

送信だけの利用で受信は必要ない=固定のFAX番号が必要ないという方には「秒速FAX送信」がおすすめです。初期費用、更に月額料金も無料。かかるのはFAX送信料金だけで、月5,000枚未満は1枚あたり10円というシンプルな設定になっています。

でも、やはり受信も必要という方は「秒速FAX PLUS」プランの契約が必要です。これは初期費用1,050円は共通で、SOHOプランは月額498円受信1枚あたり8円、ベーシックプランは月額798円受信1枚あたり3円、ビジネスプランは月額980円受信無料になっています。

秒速FAXは送信利用だけのニーズ、受信枚数ごとのニーズなどに細かく対応しているのが強みなので、想定する利用シーンに合わせてプランを組めるようになっているわけです。

秒速FAXは課金システムもユニーク

秒速FAXの課金はポイント制になっていて、事前に購入しておく必要があります。サービスを利用した段階でポイントが減っていくので、先に用意をしておかないと利用そのものができないのです。

ポイント制には使いすぎを抑制できるメリットがあり、ユーザーの口コミ評判を見ても好意的ですが、大量にFAXを送信する時などは注意が必要ですね。

番号は市外局番と050の両方に対応

取得できるFAX番号もやはり個性的で、他社のインターネットFAXのように050か市外局番のどちらか一方ではなく、両方に対応しています。

具体的には秒速FAXは東京03、大阪06の他、神奈川、埼玉、千葉、愛知の主要都市の市外局番も取得可能。eFAXのように全国の市外局番ではありませんが、対象地域の方は重宝しますね。

また、最初に別途料金がかかりますが、ナンバーポータビリティにも対応しているのも強み。今までのFAX機の番号をそのままにインターネットFAXが使えますし、他社から乗り換えるケースでも便利。この利便性は高く評価できます。

Toones(ツーネス)秒速FAXは特に市外局番対象エリアの方、送信のみのご利用の方、ナンバーポータビリティで今までと同じFAX番号を使いたい方にはメリットが大きいインターネットFAXと言えます。また、受信をご利用の方は月に何枚程度の受信を想定しているかで最適なプランを選ぶことができます。

秒速FAX公式サイトへ